« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月28日 (火)

今週のランチ(5月29日~6月3日)

Dsc_0755_2 「海老とヤングコーン、木の実達の炒め」

『中華ランチ 900円』(前菜・スープ・漬物・白飯)※白飯はおかわりOK!

今週は「海老とヤングコーン、木の実達(蓮の実・松の実・クコの実・ナッツ)の炒めです。

海老とヤングコーンに漢方食材の木の実が色々加わった美味しい薬膳料理です♪

「蓮の実」:蓮は根(レンコン)や葉にも薬効があり薬膳では定番的食材です。

蓮の実はスープで茹でて柔らかくしてから使います。ホクホクして豆に似た味、食感です。

胃を健康にしたり下痢止めの作用があるほか、疲れを癒して心を鎮静させる効果もあります。今の時期は日により寒暖の差が大きく、また様々な環境の変化に心身がついていけず、身体的な疲労と精神的なストレスが共につもりがちですから心と体のバランスを整える蓮の実で体力、気力を補っていただきたいです。

「松の実」:良質の植物性たんぱく質やビタミンEを多く含み、肌や内臓の粘膜に潤いを与えて食欲や便通を促進します。中国では仙人食と呼ばれ滋養強壮や老化防止に珍重されているそうです。松の実は油をひかず煎ってから使います。煎ると香ばしくなるのと成分が出やすくなって体内に吸収されやすくなります。

「クコの実」:杏仁豆腐に添えられていたりしてますよね。水に浸けてもどしてから使います。甘酸っぱく綺麗な赤色をしているので、味、色のアクセントとして幅広くいろんな料理に用いられます。

クコの実は視力回復効果があるほか体全体の強壮に役立つ優秀漢方食材です。中国では老化防止の妙薬とされていますよ。

「カシューナッツ」:オレイン酸が豊富なので悪玉コレステロールの減少に効果があります。またミネラル類も含まれていて特に亜鉛は豊富です。亜鉛は味覚に関係していて、昨今ファーストフードやインスタント食品の偏食による味覚障害の予防にとても良いです。是非すすんで食べていただきたき正常な味覚で美味しい物を沢山食べて幸せになってくださいね。ただし高カロリーなので食べすぎは注意してください。毎日すこしずつを鉄則にすることが大切です。

2013年5月21日 (火)

今週のランチ(5月22日~27日)

Dsc_0713_2                               「新じゃがと豚肉の強火炒め黒胡椒の香り」

<今週の中華ランチ900円>前菜・スープ・漬物・白飯

今週は「新じゃがと豚肉の強火炒め 黒胡椒の香り」です。

シャキシャキじゃがいもと豚肉をあっさりした塩味で強火で炒め黒胡椒をふりかけたシンプルな料理です。ベタつかず、油っこくなく仕上げるプロの技を味わってみて下さい。

新じゃがは皮が薄く、水気があり煮崩れしにくいのが特徴で炒め物に向いています。メークインも同様でよいと思います。ホクホクした男爵は不向きです。

切ったじゃがいもは水でさらしてから炒めるのがポイント!当店ではサラッと仕上げたい炒め物の時は高温加熱に強く、強い香りはなくて味にコクがある「太白胡麻油」を使っています。

「じゃがいも」はビタミンC,B群も豊富ですが、カリウムも「王様」とよばれるほど豊富に含んでいます。

カリウムは体内の過剰な塩分、老廃物などの排泄を促す効果を持ち体の塩分のバランスをとって高血圧、動脈硬化の予防になります。

また「じゃがいも」はアルカリ性食品なので体内の酸性化を防いでくれます。ですのでステーキなどの肉料理の付け合せによく用いられるのはこの意味でも合理的です。

「じゃがいも」と言えば、料理ではないのですが自分がまだ見習いだったころ、年末の厨房大掃除の時熱湯を足にかけてしまい、靴下を脱いだ時には皮もいっしょにむけ、神経がみえてしまってるぐらいの火傷をおった時洗い場のおばちゃんが「じゃがいも」をすりおろして貼ってくれたら痛みもやわらぎ、そのまま仕事をつづけることができました。火傷をしたらとにかく冷やすのが鉄則ですが、なかなか仕事中ともなるとずっと流水で冷やしている訳にもいかないし氷水につけながらの作業も難しいですよね。痛みがやわらいだのは「じゃがいも」が冷湿布のやくわりをしてくれたおかげですかね。今でも火傷の時は「じゃがいも」をすりおろして貼っています。

2013年5月14日 (火)

今週のランチ

Dsc_ 「海老、トマト、豆腐の優しい辛味煮こみ」

中華ランチ¥900(前菜・スープ・漬物・白飯)※白飯おかわりOK♪

今週は「海老、トマト、豆腐のやさしい辛味煮こみ」です。

マーラー醤(大豆味噌に中国山椒と唐辛子しを加えた四川調味料)を使った奥深い辛さにトマトの酸味が絶妙ですよ~。食欲がない時でもすんなり体に入る優しいメニューです。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれる程トマトにはさまざまな効能があります。

高血圧予防、老化防止、ダイエット効果、二日酔い防止効果…など多くの健康成分を含んでいます。なんと「日焼け防止」にもなり、日傘をさすのと同等の効果があるそうです。

だだし、そんな優等生野菜のトマトですが、熟してない青いトマトは食べないで下さいね。美味しくないのはもちろんですが、ソラニン(じゃがいもの芽の有害物質)に似た物質を含んでいるので大量に食べるとめまいや頭痛を引き起こして、自分の顔色が青くなり医者にかからなければならなくなっちゃいますよ(笑)

薬膳理論では食物の味にも効能を見いだしています。栄養学や料理学では味そのものに効能を求めることはまずないと思います。これは薬膳ならではの面白い点です。ただ薬膳の上での五味(酸・苦・甘・辛・鹹)と実際に口にして舌で感じる食味とは多少の違いがある場合もあります。

「トマト」の酸味は肝を養い(目、筋肉、神経によい)、筋肉を引きしめ、炎症、寝汗、下痢などに有効です。また甘みを抑え、脂肪の分解などに貢献します。

トマトの酸味程度では経験がないと思いますが、もっと酸味の強いレモンや梅干を口に入れた時、一瞬からだがブルッと震えたことないでしょうか。これは酸味によって筋肉が引きしめられておこります。まあ言ってみれば鯖や鯵を酢締めにすると身が引き締まることと同じですかね。

2013年5月 7日 (火)

今週のランチ

Photo 今週の中華ランチ ¥900                                

(前菜・スープ・漬物・白飯)※白飯大盛り無料 おかわりOK!

今週は 「豚肉、キクラゲ、玉子の炒め」 です。

定番の人気メニュー♪ ふんわり柔らかな玉子にしっかりと味がのっていて豚肉、キクラゲとの一体感が絶妙でご飯にピッタリなおかずです。

作り方のポイントは卵はふんわり柔らかですが、しっかりと火を通して1度別皿に移しておき、再度仕上げの段階で鍋に加えタレを吸わせるイメージで炒めあげることです。ふんわり仕上げようと7~8分程度の火の入れ方でタレがある鍋に戻し入れると卵が散ってしまったり、べたついた感じで仕上がってしまいます。

『老化による男女の悩み解消食材』

「きくらげ」は老化による女性の悩みの種である「しわ」!男性の悩みの種である「抜け毛」!

に効果がありますよ~♪

「きくらげ」はキノコの一種でカルシウム、ミネラルが豊富です。体力を養い、皮膚や内臓を

潤わせ、にわか質という成分が血液を浄化してサラサラにしてくれます。

また薬膳では黒い食材は体の黒い部分によいとされています。

老化により消化器系の機能が低下すると栄養分が体内へ吸収できなくなり、肌への潤いも

減少してしまいます。そんな乾燥からくる「しわ」を防ぐのに「きくらげ」は効果的! …ですが

不規則な生活、偏食、過労は避けて胃腸の健康をまずキープすることが大事です。

高価な化粧品に頼ることなく体の内側からの潤いを考えてみることが「老化」のスピードを

減速させ「美肌」づくりにつながると思います。

さて男性の方の悩みの「抜け毛」ですが、先にお話した薬膳では『黒い食材は体の黒い部分

によい』ということですから髪の毛にもよいということですね。…でもこれではイマイチ説得力

に」かけますよねぇ(笑) しからば・・・「脱毛予防」には亜鉛などのミネラルを摂取することが

大切ですので「きくらげ」は最適!さらに、この料理は鶏卵(若返り成分コリン)豚肉(ビタミン

B)と一緒に摂れるのでバランスもよく効果倍増です。

 

爆香房 のサービス一覧

爆香房